1/4
【新刀剣男士 太刀「古今伝授の太刀(こきんでんじゅのたち)」】
平安時代末期から鎌倉時代前期の刀工、豊後国行平の太刀。地金はねっとりと潤みを帯び、大蛇(おろち)のごとし。細川幽斎から烏丸光広へ古今伝授がなされた際、共に渡されたことが名の由来。文化を愛し、愛される……この国の花。




2/4
【新刀剣男士 太刀「古今伝授の太刀(こきんでんじゅのたち)」】
「やまとうたは 人のこゝろをたねとして よろづのことのはとぞなれりける」(cv.平川大輔)
#刀剣乱舞 #とうらぶ #新刀剣男士 pic.twitter.com/apm5KvHYrz

3/4
【新刀剣男士 打刀「地蔵行平(じぞうゆきひら)」】
平安時代末期から鎌倉時代前期の刀工、豊後国行平の打刀。地蔵菩薩信仰が盛んだった頃に、地蔵行平は複数本存在したと思われる。また、この時代の刀剣は大蛇(おろち)である。地蔵と大蛇、対極の姿を与えられてなおすべてを救おうと彼はもがく。

4/4
【新刀剣男士 打刀「地蔵行平(じぞうゆきひら)」】
「命あるものすべてを救済できるのであれば……」(cv.深町寿成)
#刀剣乱舞 #とうらぶ #新刀剣男士 pic.twitter.com/RFmspfTKrJ