めがねがないくにゆき、またおおかねひらを、おれとおもってはなしかけてる。