「長曽祢さんすごーい!」
「重くないの?」
「お前達二人くらい軽いもんだ」